• RSS
  • Delicious
  • Digg
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin

Twitter updates

RSS not configured

Popular Posts

Sponsors

美容や健康に関心がある人に、人気がある成分がヒアルロン酸とコラーゲンです。関節の働きや、肌の保湿効果が、どちらの成分にもあるといわれています。

コラーゲンとヒアルロン酸はほとんど同じ成分だと認識している人もいるようですが、本当は違うものです。そもそも、ヒアルロン酸とコラーゲンは、それぞれ大もとになる物質が異なります。コラーゲンはたんぱく質の一種であり、糖の一種であるヒアルロン酸の分類は、ムコ多糖類です。人体に存在するたんぱく質のうち、およそ3分の1がコラーゲンです。コラーゲンは細胞と細胞を結びつける働きがあります。コラーゲンが不足した肌は弾力がなくなり、たるみやしわが目立つようになります。関節の動きが鈍くなり、痛みやきしみがでるようになる原因が、関節にあったコラーゲンが減少してしまうことです。体内の水分をキープすることに関係しているのがコラーゲンという成分で、コラーゲン1グラムで6リットルの水を維持することができるそうです。コラーゲンは、体内の様々な部分に存在しています。特に関節や肌の真皮層に多く存在していますが、コラーゲンが不足すると肌の潤いが失われていきます。コラーゲンは肌の水分を維持する働きがあり、肌の細胞と細胞をヒアルロン酸がくっつけているのです。ヒアルロン酸もコラーゲンも加齢と共に失われがちですが、肌の乾燥を防ぐためにはとても大事な成分です。
KM新宿クリニック脱毛 口コミ